制作Production

制作の仕事

そのシゴトはミライへつながる。
あらゆるクライアントに対応できる「スキル」と「発想力」で出演者と視聴者をつなぎ、
未来へつながる映像制作を実現します。

interview

知らないことを知る
ディレクターの醍醐味です。

矢吹 龍太郎Yabuki Ryuutaro

ディレクター

2018年度 入社

Interview今の自分と仕事

先輩や取材先の方などから
常に刺激を感じています。

今まで知らなかった分野をリサーチなどを通して知る事が出来てその道のプロとも仕事が出来るので、とてもやりがいを感じています。
大ベテランの先輩ディレクターや技術スタッフと仕事をしている時にも刺激を感じています。
2018年に入社しましたが、大学時代は短編映画などを制作していましたのでテレビ、CM、VPなどあらゆる映像制作に携われるA-Proに入社しました。
今後挑戦したいことは、ドキュメンタリーですね。
誰か1人の人に密着するような映像を制作してみたいです。

矢吹龍太郎

Interviewこころがけている事

矢吹龍太郎

社会人として礼儀を忘れずに

取材先で初めて会う人を撮影させて頂く事がたくさんあるので、社会人として挨拶などは、きちんとする様に心がけています。
自分の構成台本だけに気を取られがちなので、先輩ディレクターの様に先に起こる事を先読みして今以上に、円滑に現場を進め映像制作をしていきたいですね。
将来的には、自分に取材して欲しいと言われるようなディレクターになりたいです。

interview

予定通りにいかないのが映像の仕事。

吉村 和紗Yoshimura Kazusa

ディレクター

2018年度 入社

Interview私の仕事

いろんな「気持ち」を映像で
表現するのが私たちの仕事

ドキュメンタリーが好きでテレビの仕事につきました。
テレビの良いところは誰かの考えだった想いを電波に乗せていろんな人に伝えてあげられるところ。
目には見えない人の「気持ち」を映像で引き出すのはとても難しいこと。取材は毎回、真剣勝負です。
当然予期しないトラブルに襲われることもたくさんあります。いつだって気を抜けません。どんな番組も私にとっては、やっとの思いで完成させた大切な番組なんです。 なので、取材相手が放送を見て喜んでくれた時は本当にうれしいです。

矢吹龍太郎

Interview仕事を続ける理由

矢吹龍太郎

自分の時間も大切に出来る

テレビの仕事を始めてからもう15年ほど経ちました。
映像業界は昔から「夜遅くまで仕事をしてつらい、家に帰れない」みたいなイメージがあると思います。でも、そんなことはないです。担当する番組でも変わりますが、自分の時間も守られているので家族と過ごす時間を大切にできます。
だから、大変なことも多いけど、私にとっては楽しい仕事だし続けていてよかったなと思います。自分が取材したことが北海道のテレビで放送される。 私にとって毎回、特別な瞬間です。